ここから本文です

『ポケモン ソード・シールド』謎の新ポケモンの正体を考察。鳴き声やその姿にヒントあり?

9/15(日) 12:00配信

インサイド

2019年9月13日に『ポケットモンスター ソード・シールド』の新ポケモンが発表されました。しかし何やら様子がおかしく、表示がバグっている模様。名前もよくわからず、かろうじて「ナイト」という一部分だけが読める状態になっています。

【関連画像】

はたしてこのポケモンはなんなのか? 現段階でもいくつかのヒントは用意されているので、そこから読み解いていきましょう。

◆カラカラのリージョンフォーム?
謎の新ポケモンはモザイクがかかっているものの、そのおおまかな姿は確認できます。それを見ていると、こどくポケモンのカラカラに似ているようにも思えます。

新ポケモンの説明文も何やら不穏で悲しげな印象を受けるので、確かにカラカラとは雰囲気が合うかも。

◆シルエットは回転しており、実はカモネギ?
謎の新ポケモンのシルエットを横に回転させると、緑の剣と盾を持っているようにも見えます。この場合、剣は上部が緑で下部は白になっており、まるでながねぎ。ながねぎといえば、やはりカモネギを思い出しますよね。

というわけで、このポケモンはカモネギのリージョンフォームではないかと考える人もいるようです。確かに回転させてもしっくり来ますし、ながねぎを剣に見立てるのであれば出てきてもおかしくないかも。

ただし、新ポケモンは体重が100kgを越えているうえに格闘タイプなので、カモネギという説はちょっと怪しいかも。重すぎると飛べないですからね。

◆ロトムの新フォルム?
公式サイトで謎の新ポケモンの情報を見ようとすると、このポケモンのものと思しき鳴き声を聞くことができます。その声は、プラズマポケモンのロトムにそっくり。

ロトムはさまざまな家電に乗り移ることで姿を変えることができるポケモン。となると、新たなフォルムがこのポケモンの可能性はありうるでしょう。しかしロトムはまず電気タイプがつくので、この説もちょっとあやしいかも。

◆あるいはまったくの新ポケモン
もしくは、既存のポケモンとは関係のないまったく新しいポケモンの可能性も十分にあります。こうなるとかなり予想は難しいわけですが、なんにせよ正体がとても気になるポケモンが出てきたことは間違いありません。はたしてこの中に正解はあるのでしょうか。

最終更新:9/15(日) 12:00
インサイド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事