ここから本文です

ヤフーがZOZOを買収~気になる前澤氏の手にする金額とその使い方

9/15(日) 11:50配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月13日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。ヤフーがZOZOを買収したニュースについて解説した。

ヤフーがZOZOを買収 ZOZOの前澤社長は退任へ

IT大手ヤフーは12日、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOの株式50.1%を取得し、子会社化すると発表した。ヤフーは10月上旬に株式公開買い付け(TOB)を行い、ZOZOの株を1株2620円で取得する方針で、買収額は4007億円にのぼる。一方ZOZOは創業者で筆頭株主の前澤友作社長の退任を発表し、後任の社長には澤田宏太郎取締役が就任した。

 

前澤)私自身のZOZO社からの退任です。代表取締役、および取締役からの辞任を、私の意向を元にヤフー社ならびにZOZO社の承諾を得て、本日をもって辞任させていただくという運びになりました。僕が辞めるとはみんな予想もしていなかったようで、驚きの声があがっていました。本当に21年間ありがとうございました。

 

飯田)会見の模様をお聞きいただきました。13日朝、毎日新聞が一面トップで報じております。買収額4007億円という、大きな金額が動いています。

宮家)日本の会社の名前も随分変わりましたよね。アルファベットで「ZOZO」とか「Yahoo!」などと。私は経済評論家ではないから、今回の買収がどういう経緯か詳しくは知りませんけれど、一般的にゾゾタウンは少し曲がり角ではないかという印象があるとされている。ヤフーはヤフーでテコ入れしないといけないということですから、両者にそれなりのシナジー効果があるのだろうと思います。前澤さんにとっては、よかったのかもしれないですよね。

飯田)ある意味、ここで1つ出口を作って次へと。

欧米の経営者は成功するとチャリティーで利益を社会に還元する

宮家)これ以上やっていたら危ないと、ご自分でも考えたのでしょう。その判断は経営者として間違っていないと思う。この方だけではありませんが、あれだけのお金、何百億円、何千億円が個人に入って来たら、それはもう個人の力を超えて、社会に儲けさせてもらっていると私なら考える。だからキリスト教の世界、欧米ではこの種の人たちは必ずチャリティーをやるわけです。

飯田)そうですよね。

宮家)月に行くのはいいし、ロケットもいいですよ。だけど、その前にやらなければいけないことがあるのではないでしょうか。欧米の成功した経営者は、何らかの形でやっています。そうでなくてはいけないと言うつもりはありませんが、やや文化が違うなと思いますね。

飯田)前澤さんは千葉のご出身で、千葉に非常に愛着があるし、思いやりもあると言われています。その千葉が台風15号の被害で困っています。この先ひょっとしたら、何がしかの支援というのも出て来るかもしれないですね。

宮家)それが普通だと思いますが。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

最終更新:9/15(日) 11:50
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事