ここから本文です

MGCいざ号砲 瀬古リーダー「国民的関心事」マラソン人気復活を期待

9/15(日) 6:00配信

デイリースポーツ

 「マラソン・グランドチャンピオンシップ」(15日、明治神宮外苑発着)

 東京五輪の男女マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(15日・東京、明治神宮外苑発着、男子8時50分、女子9時10分スタート)を控えた14日、大会を考案した日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(63)らが都内で取材に応じた。これまでの複数選考会から選手を選ぶ慣例を壊し、ついに実現した“ガチンコ対決”。かつてマラソンの“視聴率男”として名をはせた瀬古リーダーは「男女合わせたら視聴率40%いくんじゃないか」と、マラソン人気復活に期待を寄せた。

 ついに実現したドリームレースを、マラソン人気復活への起爆剤とする。MGC創設に尽力してきた瀬古リーダーは、大会を翌日に控え「これだけトップ選手が集まって一緒に走ることはなかった。我々の時代よりもすごいことになっている」と、胸を張った。

 テレビでは男子をTBS、20分遅れてスタートする女子をNHKが担当し、異例の同時中継。「視聴率が気になるよね。男女合わせたら40%近くいくんじゃないか」と、胸を弾ませた。

 マラソンはかつて国民的関心事だった。瀬古氏が出場した84年ロサンゼルス五輪の男子マラソンは関東の平均視聴率で48・8%を記録。世界最強と言われた瀬古氏の出るレースは国内選考会でも35~40%をマークしていた。ただ、高橋尚子、野口みずきの両五輪金メダリストがけん引した女子マラソンの最盛期を最後に日本マラソン界は低迷期に入り、視聴率も低迷してきた。それだけに今大会にかかる期待は大きい。

 特に男子は日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)、前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)を中心に好レースが予想される。13日の会見では設楽が“大逃げ”をにおわせるなど駆け引きも過熱。瀬古氏は「面白いよね。僕だったら本当のことは言わない。ハッタリかなと思う」と分析し、「瀬古さんだったら?伝家の宝刀はトラック勝負。いちょう並木の手前でスパートします」と、笑った。

最終更新:9/15(日) 6:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事