ここから本文です

横浜M・DF松原が5カ月ぶり先発、「支えのおかげ」 対広島戦

9/15(日) 11:20配信

カナロコ by 神奈川新聞

 サッカーJ1横浜F・マリノスのDF松原健が14日のリーグ第26節・サンフレッチェ広島戦で約5カ月ぶりに先発出場し、チーム6試合ぶりの完封勝利に貢献。試合後は、今夏に他クラブの獲得オファーを断っていたことを明かし、「試合に出られない期間、自分の中でも葛藤があった。いろんな人に支えてもらったおかげで勝つことができた」と実感を込めた。

【地図と完成予想図でチェック】横須賀にマリノス練習施設 JR久里浜駅近、市と基本協定

 4位広島との上位対決では、相手のキープレーヤーだった左MF柏好文のサイドアタックを封じながら積極的に攻撃参加。後半には2本のシュートがクロスバーの上を越えていくシーンもあり、「ちょっと力んだ。何とか爪痕を残そうと欲張っちゃった」と周囲を笑わせた。

 昨季までの主力右DFは、けがの影響もあって4月20日の第8節・コンサドーレ札幌戦を最後にスタメンを外れていた。「チャンスが巡ってくる可能性はほとんどないと思っていたし、いろんな夏の(移籍の)話もあった。それでも残ると決めた」と明かした上で、「何で俺が出られないんだ、じゃなく、優勝するためにみんなが同じ方向を向くことが大事。ベンチに入れなくても、ベンチ外なりにやれることをやる。そういう一つ一つのことが優勝の2文字を手繰り寄せる」と強い覚悟を口にした。

神奈川新聞社

最終更新:9/16(月) 15:49
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事