ここから本文です

アマゾン、「置き配」を標準に---再配達率を削減 実証実験へ

9/15(日) 15:00配信

レスポンス

アマゾン(Amazon)は、注文時の配送オプションとして提供する「置き配指定サービス」の利便性を向上させるため、置き配を標準の配送方法とした利便性や効果を検証するため、国内初となる置き配を標準の配送方法とした実証実験を実施する。

[関連写真]

今回の実証実験では岐阜県多治見市で、10月から11月までの約1カ月間、購入商品の届け先が岐阜県多治見市内の住所となる顧客を対象に「置き配指定サービス」を標準の配送方法とし、「配送ボックス」「玄関」「ガスメーター」「ガレージ」「自転車の荷物かご」「ビルの受付係」など、在宅・不在に関わらず希望する場所をリストから選択してもらい、指定場所に商品を届ける。

置き配が完了すると、ドライバーは専用のタブレットで商品を配達した場所の写真を撮影、配達完了のメール、またはアマゾンの配達状況確認ページで確認できる。実証実験期間中でも置き配を希望しない場合、対面での受け取りを選択できる。

実証実験では、再配達率、毀損や紛失のデータ、対面での商品の受け取りを選択した人などに関するデータを集計、実証実験期間の前後で、顧客調査を実施する予定。


《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/15(日) 15:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事