ここから本文です

【RISE】梅野源治「最高の準備をしてきた」、対する白鳥大珠も梅野の仕上がりに感嘆=前日計量

9/15(日) 17:43配信

イーファイト

 9月16日(月・祝)幕張メッセ・イベントホールで開催される『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』の前日計量・記者会見が、15日都内で行われた。

【フォト】梅野、白鳥の仕上がった肉体(正面)

 セミファイナルのRISE WORLD SERIES 2019 -61kg級トーナメント決勝戦に出場する元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者・梅野源治(30=PHOENIX)、RISEライト級王者・白鳥大珠(23=TEAM TEPPEN)共に60.95kgで計量を一回でパスした。

 トーナメント開始当時、決勝に残るとは予想されていなかったという白鳥。下馬評を覆し頂点を決める舞台に上がる日を迎え「明日やるだけだな」と改めて覚悟を固める。自身がジュニア時代から日本ムエタイ界のトップにいた梅野と計量で対面した白鳥は「すごい仕上がっているなという印象」と梅野の仕上がりに感嘆。「ここまでサウスポー対策でパートナーを呼んで調整してきて最高に仕上がってると思う。その梅野選手を倒して時代を変える」と、"大穴"からトーナメントを勝ち上がってきた勢いそのままに優勝をかっさらう意気込みを見せた。

 対する梅野も「今回はパートナーを呼んですごく協力してもらって、きつかったですけどスパーリングを重ねてサウスポー対策をとってきました」と、対白鳥対策は万全。「最高の準備をしてきたので、最高の試合をしましょう」と共に決勝の舞台に上がる白鳥へ呼びかけた。

 プロボクシング経験のある白鳥がどんな戦い方をするかという問いに対し、梅野は白鳥の攻撃パターンをいくつか挙げ、「何で攻めてくるかというのはわかる。基本蹴りでは戦わないと思う」と白鳥の得意とするパンチが戦いの軸になると予想。

 そして「相手が何をしてくるか、それに対してどう動けばもらわないかはわかる。それが経験。これだけあたらないんだなと、彼は驚くと思う」と、60戦を超える豊富なキャリアを武器に白鳥の動きを見切ると宣言した。

 それを受けた白鳥も「やることは今(梅野が)言った通り」と肯定しつつも「それを当てられるかは攻め方で変わる。自分は当てる自信がある」と、梅野の研究の上を行くパンチを見せていくと応戦した。

 世界の最前線で戦い続けてきた梅野と、予想を覆し駆け上がってきた白鳥、61kg級の頂点を決める一戦に双方準備は万全。決勝のリングで勝ち名乗りを受けるのは果たして"日本ムエタイ界の至宝"梅野か、"キックの王子様"白鳥か。

<計量結果>

▼セミファイナル(第11試合) RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournament決勝戦 3分3R延長2R
白鳥大珠(日本/TEAM TEPPEN/第5代RISEライト級王者)60.95kg
vs
梅野源治(日本/PHOENIX/元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者)60.95kg

最終更新:9/15(日) 17:53
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事