ここから本文です

大わらじ、炎舞い上がる 御殿場で供養祭 たき上げ夏に別れ

9/15(日) 8:37配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 御殿場の夏を締めくくる「わらじ供養祭」が14日、御殿場市の御殿場高原時之栖で開かれた。富士登山者の健脚や良縁成就を願い市民が手作りした高さ約3メートルの大わらじをたき上げた。御殿場の象徴である富士山に感謝し、山麓の短い夏に別れを告げた。

 かつて旅人や登山者に捨てられたわらじを村人が拾い集め、旅の安全を祈願したことに由来する行事。会場には木札が用意され、来場者がそれぞれの願いを書いて大わらじに結び付けた。神事を行った後、若林洋平市長や市観光協会の中川一樹会長らがたいまつの火を大わらじに移すと、炎が一気に舞い上がった。

 7月の富士山太鼓まつり、8月のわらじ祭りなど御殿場の夏の行事のフィナーレ。お笑いタレント平野ノラさんのライブステージなども行われた。

 打ち上げ花火が夜空を彩り、来場者が夏の余韻に浸った。

静岡新聞社

最終更新:9/15(日) 19:09
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事