ここから本文です

【盛岡・ジュニアグランプリ】北海道のフジノロケットが叩き合いを制し重賞初V/地方競馬レース結果

9/15(日) 17:25配信

netkeiba.com

 15日、盛岡競馬場で行われた第21回ジュニアグランプリ(2歳・芝1600m・1着賞金400万円)は、外目を回りながら4コーナーで先団に取り付いた菅原辰徳騎手騎乗の4番人気フジノロケット(牡2、北海道・米川昇厩舎)が、2着の5番人気シンボ(牡2、北海道・斉藤正弘厩舎)との叩き合いを制し、これに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分40秒5(良)。

 さらに4馬身差の3着に8番人気ポピュラーソング(牝2、船橋・新井清重厩舎)が入った。なお、3番人気シーサンプーター(牝2、岩手・小林俊彦厩舎)は4着、2番人気ダリル(牡2、北海道・田中淳司厩舎)は5着、1番人気アーモンドカラー(牡2、岩手・伊藤和忍厩舎)は11着に終わった。

 勝ったフジノロケットは、父ジャングルポケット、母エメラルコヨーテ、その父ネオユニヴァースという血統で、これが重賞初制覇となった。

最終更新:9/15(日) 18:55
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事