ここから本文です

羽生結弦、22年北京五輪も視野 3連覇懸け、初めて明かす

9/15(日) 9:16配信

共同通信

 【オークビル(カナダ)共同】フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は14日、3連覇が懸かる2022年北京五輪について「(そのシーズンまで)そのままやっていたら出る」と語り、出場を視野に入れていることを初めて明かした。優勝した今季初戦のオータム・クラシック(オークビル=カナダ)終了後に報道陣の質問に答えた。

 羽生はこれまで「次の五輪については考えられない」などと態度を明らかにしていなかった。しかし、この日は「明言はできないが、常に強い自分でありつつ、その先にそれ(五輪)があったらと思う」などと話した。

最終更新:9/15(日) 10:50
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい