ここから本文です

『新サクラ大戦』舞台化決定! 歴代歌謡集には夜叉(声:横山智佐)のキャラソンも収録【TGS2019】

9/15(日) 16:32配信

ファミ通.com

文:ごえモン

 2019年9月12日~15日、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2019。本日9月15日(日)にセガゲームスブースで行われたプレイステーション4用ソフト『新サクラ大戦』ステージ“サクラ大戦 帝劇宣伝部通信 TGS特別回その4 “楽曲特集””で公開された情報をまとめてお届けする。


歴代歌謡集の収録物や録楽曲が公開

 初回限定版に収録される“歴代歌謡集”の収録物と収録楽曲が公開された。


 作曲を担当した田中公平氏が楽曲についてコメント。『サクラ大戦』といえば歌。いちばん最初に作った時も広井王子氏と話をして、世の中の曲がリズムに寄っていた中、メロディーを大事にしようと普遍のメロディーを作ることを目標に作曲していたことを明かした。

 また田中氏は名曲『夢のつづき』のつづきを作るつもりで『新サクラ大戦』の楽曲を作曲し、『檄!帝国華撃団<新章>』の歌詞にも反映されていることを語ると、涙を流すユーザーも。

 CD6枚目の『新サクラ大戦』の楽曲リストにはシークレットという表記も。田中氏は水樹奈々さんの楽曲について、水樹さんが「こんな歌を歌ったことがない」とコメントしたことを明かした。エリスのキャラソンは60~70人のオーケストラで収録したそうだ。

 また、田中氏は『新サクラ大戦』のキャラソンについてミュージックビデオを制作したことを明らかに。ステージでは天宮さくらのキャラソン『乙女なんですよ』のミュージックビデオが公開された。


 田中氏は、公開された『スタァ誕生』について花組バージョンを収録したことを明かした。花組バージョン『スタァ誕生』はアニメで流れ、さらに新しいエンディング曲を収録しているという。これは台本にも書かれていない超シークレット情報だったようで、片野プロデューサーは焦っている様子だった。
『新サクラ大戦』が舞台化決定


 舞台『新サクラ大戦 the Stage』で天宮さくらを演じるのは、元Cheeky Paradeのメンバーで舞台“未来電車”、“神々の悪戯”で好演を見せた関根優那さん。関根さんは150人以上ものオーディションを勝ち抜き選ばれたという。そのオーディションは“歌がうまい人”という参加条件がもうけられていたとのことで、歌に期待できそうだ。上演時期は2020年春予定。

最終更新:9/15(日) 17:18
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事