ここから本文です

命名「ルイ」、浜松市動物園のアミメキリン あのバスケ選手にちなみ

9/15(日) 8:42配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 浜松市動物園(西区)は14日、7月8日に誕生したアミメキリンの赤ちゃんの命名式を同園で開き、米プロバスケットボールNBAの八村塁選手にちなんだ「ルイ」に決まったと発表した。

 同園で生まれたキリンの愛称は、その年に活躍したスポーツ選手にちなんだ名前にするのが恒例。ことしはルイのほか、ショウヘイ(大谷翔平・野球)、トモカズ(張本智和・卓球)、ナオヤ(井上尚弥・ボクシング)の計4候補から来園者に投票を呼び掛けた。集まった1460票のうち、ルイが最多の842票だった。

 命名式では職員が「ルイ」の大字を掲げて披露。同園によると、ルイは臆病な性格で、この日も柵から遠く離れて来園者を見つめていた。順調に成長し、体長は生まれた当初の約170センチから約220センチにまで育った。

 来園した子どもたちは、ルイの母親シウンへの餌やり体験も楽しんだ。家族と訪れた市立雄踏小5年の女子児童(11)は「ルイが一番呼びやすくて響きがいい」と話した。

静岡新聞社

最終更新:9/16(月) 17:58
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事