ここから本文です

<教場>木村拓哉主演のSPドラマに小日向文世、佐藤仁美、ノンスタ・石田ら

9/16(月) 7:00配信

まんたんウェブ

 木村拓哉さん主演で来年新春に放送されるスペシャルドラマ「教場(きょうじょう)」に、小日向文世さん、佐藤仁美さん、和田正人さん、お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明さん、高橋ひとみさん、筧利夫さん、光石研さんが出演することが9月16日、明らかになった。

【写真特集】小日向文世、佐藤仁美、光石研らも 注目の豪華俳優陣をビジュアルで

 原作は、長岡弘樹さんのベストセラー小説(小学館)で、警察学校で極限状態を生き抜く生徒それぞれのよこしまな思惑を、監察力にたけた教官が暴いていくミステリー作品。過酷な警察学校で覚醒していく生徒たちの青春物語であり、厳格なカリスマ教師が個性あふれる生徒たちと向き合う人間教育の物語。木村さんは冷徹な警察学校教官・風間公親(かざま・きみちか)を演じる。教場は警察学校の教室を意味し、風間が担当する教室は“風間教場”と呼ばれる。

 小日向さんは神奈川県警察学校の学校長・四方田(よもだ)秀雄、佐藤さんは風間教場の副教官で座学を担当する服部京子、和田さんは風間教場の副教官で術科を担当する須賀太一、石田さんは風間教場の生徒・樫村卓実(西畑大吾さん)の大学の先輩で、横須賀白澤署の警察官・尾崎賢治、高橋さんは神奈川県警察学校で事務員を務める小野春江、筧さんは警察学校の初任科教官・植松貞行、光石さんは風間教場の生徒である平田和道(林遣都さん)の父親であり、現役警察官の平田国明を、それぞれ演じる。

 ドラマはフジテレビ開局60周年特別企画の一環で、2020年新春に2夜連続で放送される。

 ◇小日向文世さんのコメント

 この作品のお話をいただいた時、監督が中江功監督だと聞いて、やっとご一緒できるということが非常にうれしかったです。またこれまでと違ったシチュエーションで木村君と共演できるのも、とても期待が膨らみました。この作品を知るまで、警察学校の世界というのは全く知らない世界でした。警察官として社会に出る直前に半年間、「教場」という場所での学びを(警察官になる)全員が受けているということを知らなかったので、街の警察官の方々への見方が随分変わりました。“あそこを乗り越えてきた人たちなんだ”と痛感し改めて敬意を表します。

1/4ページ

最終更新:9/16(月) 7:00
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事