ここから本文です

<教場>木村拓哉主演のSPドラマに小日向文世、佐藤仁美、ノンスタ・石田ら

9/16(月) 7:00配信

まんたんウェブ

 撮影に入る前に行われた警察官の所作訓練では、生徒役の全員が本気で声を掛け合い、互いに叱咤(しった)激励し合い、また主演の風間教官を演じる木村さんが、すでに役柄を身に纏(まと)わせた状態で生徒たちにぶつかっていく姿を目の当たりにし、心が震えるほどの刺激を受けたことを覚えています。この「教場」という現場では、一瞬でも気を抜いてはいけない、教官と生徒の本気のぶつかり合いが求められる場であるとも思いました。初めての中江組への参加でしたが、ドラマ作りの心構えや、苦労の中から得られる充実感など、改めて実感させていただけた現場です。生徒の皆さんの訓練の成果、そして、教場に関わる全ての人が注ぎ込んだ作品への情熱が、どのような形で画面に映し出されるのか。本当に楽しみです

 ◇石田明さんのコメント

 「木村拓哉さん主演のドラマ『教場』のオファーがあったんですけど、石田さんどうします?」とマネジャーに聞かれて「出るに決まってるやろ!」と純度100%でつっこんでしまいました。断るバカがどこにおんねんと。舞台で共演した味方良介さんや木崎ゆりあさんと同じドラマに出られることもうれしかったです。木村さんと絡むシーンは残念ながらなかったんですが、僕の撮影初日にお会いすることはできました。が、緊張であいさつが精いっぱいで話しかけることすらできない自分が本当に情けなかったです。

 不慣れな現場で右も左も分からない僕でしたが、キャストもスタッフもみなさん優しく、楽しくやることができました。さらに役に合わせて髪の毛を切るという経験も初めてして俳優気分を存分に堪能させてもらいました。なので、もう思い残すことはありません。台本だけ見ても面白かった「教場」がどんなドラマになっているのかが本当に楽しみです。

 ◇高橋ひとみさんのコメント

 「フジテレビ開局60周年特別企画」というドラマに出演できるなんてとそれはもううれしかったです。脚本、演出、キャスト、スタッフのお名前を見ただけでワクワクしました! 「教場」というあまり知らなかった世界を描くこともとても興味深かったです。警察官の方はこんなに大変な訓練をされていることを知り驚きました。それからは近所の交番の警察官の方に気楽に「おはようございまーす」と言っていたのを「お・は・よ・う・ご・ざ・い・ま・す!!」と言ってしまいます。

3/4ページ

最終更新:9/16(月) 7:00
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事