ここから本文です

西武・森も大台到達 史上5例目の100打点トリオ誕生

9/15(日) 16:42配信

東スポWeb

 西武は15日、ロッテ戦(メットライフ)で森友哉捕手(24)が自身初のシーズン100打点をマークし、2010年の阪神(ブラゼル、新井、鳥谷)以来、史上5例目の100打点トリオが誕生した。

 8回、源田の2点適時打で4―4の同点に追いつき、なおも一死一、二塁で、森が右越えの適時二塁打を放ち逆転に成功。森は中村(120打点)、山川(113打点)に続いて100打点に到達し、球団初の100打点トリオが完成した。

 プロ野球では1950年の松竹、85年の阪神、03年のダイエー(現ソフトバンク)、10年の阪神に続き5例目の記録となった。88打点の外崎が100打点をマークすれば、03年のダイエー(松中、城島、井口、バルデス)以来となる100打点カルテットが誕生する。

最終更新:9/15(日) 16:48
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事