ここから本文です

STU48“まずは陸から”ツアーで全国的な人気につなげられるか

9/15(日) 17:11配信

東スポWeb

 東京・秋葉原を拠点とするアイドルグループ「AKB48」と瀬戸内7県を拠点とする「STU48」が14日、大阪市内のインテックス大阪で合同握手会イベントを行った。

 合同握手会イベントは2017年10月にAKB48、SKE48、HKT48の3グループが開催して以来2回目で、今回は総勢57人のメンバーが参加した。

 ライブでは18日発売のAKB最新シングル「サステナブル」や、7月に発売されたSTU最新シングル「大好きな人」などを披露。また、STUの楽曲「夢力」を、AKB・向井地美音(21)とSTU・瀧野由美子(21)が“ダブルセンター”で歌唱するなど、合同イベントらしく、それぞれの楽曲を一緒にパフォーマンスした。

 ライブ中にはSTUが、全国7都市を回る初の全国ツアーを発表。11月7、8日の東京公演でスタートし、12月14日の福岡公演で千秋楽を迎える。瀧野は「瀬戸内を離れて、遠い場所にも行かせていただく。瀬戸内になかなか行けない方も私たちが足を運んで、瀬戸内の良さを伝えたい」と意気込んだ。

 STUといえば48グループ初の「船上劇場」が特徴だが、全国ツアーは船上ではなく陸路で回る。キャプテンの岡田奈々(21)は「まずは陸から(全国)制覇して、そのうち船でも全国を巡りたい」と夢を描いた。

「STUは船上劇場がクローズアップされがちですが、ルックスのレベルが高い清楚系のメンバーが揃っていて、48グループの中で最も勢いがある。人気もうなぎ上りです。ツアーで回る北海道や宮城などで知名度を上げれば、全国的な人気につなげることもできるでしょう」(音楽関係者)

 船上ツアーを夢に掲げているSTUだが、まずは陸から全国のファンをとりこにできるか注目だ。

最終更新:9/15(日) 17:13
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事