ここから本文です

阪神14年連続V逸 矢野監督「戦う姿勢が問われている」

9/15(日) 18:58配信

東スポWeb

 阪神は15日、巨人戦(東京ドーム)に5―6と痛恨の逆転負けを喫し、優勝の可能性が完全消滅。14年連続のV逸が決まった。

 1―3の3回二死満塁、今季限りで退団する鳥谷が代打で登場。「積極的にいこうと思った」と同点打を放ち、さらに同じ遊撃手の後輩・木浪が勝ち越し打を決めるという最高の展開になったが、頼みのジョンソンが救援に失敗した。木浪は「まだ1試合でも多く鳥谷さんとやっていきたい。勝つだけです」と前を向いた。

 前日(14日)の中日戦(ナゴヤドーム)では、大野雄にノーヒットノーランを食らい、この日はV逸が決定…。厳しい現実を2日続けて突きつけられた就任1年目の矢野監督は「残り試合? それしかない。戦う姿勢が問われている状況。毎試合戦っていきます」というのが精一杯だった。残るはCS争いだが、これも苦しい状態だ。

最終更新:9/15(日) 19:00
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事