ここから本文です

「いなくなれ、群青」幻のラストシーンとは、飯豊まりえ「素敵なやり取りが!」

9/15(日) 17:43配信

映画ナタリー

「いなくなれ、群青」の大ヒット御礼舞台挨拶が、本日9月15日に東京・新宿バルト9で行われ、キャストの飯豊まりえ、松岡広大、監督の柳明菜、プロデューサーの菅原大樹が登壇した。

【動画】「いなくなれ、群青」本予告(メディアギャラリー他3件)

河野裕の同名小説を実写化した本作は、“捨てられた人”たちが行き着く階段島を舞台にした青春ミステリー。悲観的な主人公・七草を横浜流星、幼なじみの少女・真辺を飯豊が演じ、2人の友人・佐々岡に松岡が扮した。

飯豊は映画のラストシーンに言及し「七草と真辺はラブだったのか友情だったのか、なんで手をつないだのかって思いませんか?」と鑑賞直後の観客に問いかける。「本当は手をつなぐ前にセリフがあったんです……。『じゃあ私を1人にしないで』『わかった!』と言って手をつなぐ、というとても素敵なやり取りが!」と熱く語ると、菅原は「監督ともいろいろディスカッションし、ラブを言及せずに感じてもらえたほうがきれいかなと思い、映画のラストシーンとして決断しました。正直、役者があんなにがんばったのに切るのかという気持ちはありました……」とカットした理由を明かした。

飯豊は自身と真辺を比較し「私にとって真辺は眩しすぎるんです。似てると言われますけど全然そんなことなくて、逆に真辺みたいにいなきゃ、と思っています!」とコメント。柳も、真辺のキャラクターについて「とっつきにくい性格に見られがちなんですけど、それをかわいく見せたいと現場でも話しました」と語った。一昨日、映画館で本作を観直したという松岡は「人格って7割くらいは人に言われた言葉でできているなと思いました」と新しい発見があったことを明かす。「例えば『明るいね』『元気だね』とたくさん言われることで、だんだんそれが自分なんじゃないかと思ってくる。だから(松本妃代演じる)水谷は八方美人になってしまって本当の自分がわからなくなる。それでかりそめの自分を作ってしまうのかなと感じました」と続けた。

最後に柳は「2週目からお客さんがさらに増えているなんて奇跡です。飯豊さんが輝いている作品として自信を持っています!」と述べ、飯豊は「この作品に出会ってもっとありのままの自分を愛してあげようかなと思いました。映画を作ったのは私たちですが、広めていただくのに皆さんの力をお借りしたいなと思っています。約束しよう、また皆さんに会えるように!」と真辺のセリフで挨拶し、イベントを締めくくった。

「いなくなれ、群青」は全国で上映中。9月19日までの期間限定で、完成披露の舞台裏に密着した特別映像を観ることができる。



(c)河野裕/新潮社 (c)2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

最終更新:9/15(日) 17:43
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事