ここから本文です

貴景、御嶽破り6勝目 隠岐8連勝で首位守る

9/15(日) 18:50配信

共同通信

 大相撲秋場所8日目(15日・両国国技館)1場所での大関復帰を目指す関脇貴景勝は関脇御嶽海を押し出して6勝目を挙げた。御嶽海は2敗目。平幕隠岐の海がただ一人8連勝で勝ち越し、首位を守った。8日目に平幕が全勝で単独トップなのは、2004年秋場所の旭鷲山以来。

 鶴竜が休場し、ことし初場所以来の横綱不在となった。かど番の2大関は豪栄道が友風にはたき込まれて3敗目、栃ノ心は正代を突き落として3勝目を挙げた。

 隠岐の海を1敗で平幕明生、2敗で御嶽海と貴景勝、小結遠藤ら6人が追う形となった。

最終更新:9/15(日) 18:51
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事