ここから本文です

通算1アンダーの渋野「バーディーの割にはスコアがポンコツ」 最終日は40点

9/15(日) 15:02配信

デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯・最終日」(15日、チェリーヒルズGC=パー72)

【写真】渋野のヘッドカバー「アレすけ」も注目 全英公式動画でもアップ

 40位から出た渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は4バーディー、2ボギーの70で回り、通算1アンダーでホールアウトした。

 渋野の一問一答は以下の通り。



 -前半はバーディー発進したが、直後にボギーがあった。

 「スタートのバーディーで幸先がいいなと思ったが、2番の3パットで昨日と同じミスをしてしまって『あーっ』て思ってました」

 -後半は巻き返した。

 「終わってから、後半は全部パーオンしていたと聞いて。それがスコアに表れた」

 -1万2000人以上の観客。

 「すごいですね。きょうもたくさんのギャラリーさんが見てくださって、声援も4日間で一番大きかった」

 -6番で食べていたのは。

 「マスカットですかね」

 -ラウンド中に3度ほど、間食があった。

 「お腹はけっこう、空いてました」

 -4日間を振り返って。

 「今週はバーディーを取っている割にはスコアがポンコツなので。このラフの長さで自分はスコアは出せないと勉強になった。次、何が必要か見つけられた」

 -明日は。

 「ゆっくりしたいです」

 -1年前にプロテストに合格したコース。印象は変わったか。

 「よくプロテスト通ったなと思った。コースが悪いわけではないです。難しかったです」

 -ラフの長さは何に影響するのか。

 「ショットもアプローチもです。ラフに入ったところはだいたいボギーを打った」

 -18番の第3打アプローチは。

 「順目のちょっと浮いてるかな、という感じ。開いて打って距離と半分弱くらいで、あとは下っていって。思っていたところよりも左に出た。パットは3メートルくらい」

 -第2打は。

 「224ヤード。スプーンです」

 -ラフが長かった。

 「グリーン回りは自分はラフの長さに対応できていない。かなり練習しないといけないと勉強になった」

 -これだけ長いラフは初めてか。

 「初めてです。ニトリレディースも長い印象があったが、(実際には)あまり長くなかった。(今回の長さは)今年、今まででも初めてかな」

 -7番はダブルボギーの危機をしのいだ。

 「あそこの3打目のミス、シャンクしたのがあれですね。ボギーパットは2メートルくらい」

 -最終日の満足度は。

 「うーん。40点」

 -というと。

 「FWキープは全部していたみたいで、パーオン率も18分の17。そう考えると『ちょっとなー』とは思います」

 -2番は4日間ともボギー。

 「ずーっと考えていた。あそこに乗ったので大丈夫と思ったんですが。がっついて(3パット)。情けない」

 -

 「この試合で結果を残したかったが。まだ目標は1億円突破がありますし。まだまだ、と言ってるうちに遅くなっちゃうので、早く突破したい」

 -今後の予定は。

 「来週は行きます。(2日目のドラコンは)出ません。絶対にむりなんで。絶対むりだもん」

 -来週の1億円突破は。

 「優勝しかないんでしょ?ちょっと増やします」

 -最終日の後半は来週につながるか。

 「つながると思います。フェアウエーからショットを乗っけられてる。この4日間で一番いいゴルフができた」

 -ショット時に体が浮くのは修正できたか。

 「今日のショットはミスも少なくなってきている。多少はイメージがよくなってる。昨日、一昨日と練習して、コーチにも見てもらって。練習できた中で、違ってた動きが見つかった。いい動きが意識できた」

最終更新:9/15(日) 15:16
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事