ここから本文です

阪神・ジョンソン、ゲレーロに逆転本塁打許す 登板4試合ぶりの失点

9/15(日) 17:25配信

デイリースポーツ

 「巨人-阪神」(15日、東京ドーム)

 阪神のピアース・ジョンソン投手が、巨人に逆転を許した。自身登板4試合ぶりの痛恨の失点となった。

 先発の岩貞が三回で降板し、四回から継投に入った猛虎。守屋、島本、岩崎とつないで七回2死でマウンドに上がったジョンソン。七回は無失点に相手打線を抑えたが、八回だった。

 先頭の丸に四球を与え、続く岡本をパワーカーブで空振り三振に斬ると、吉川大はバント失敗で得点圏に走者を置かず2死までこぎつけた。

 しかし、2死一塁から6番・ゲレーロにカウント2-1からの4球目、151キロストレートを完璧にはじき返されると、打った瞬間それと分かる左翼への逆転2ラン。スタンドの巨人ファンからは大歓声が上がり、逃げ切りを図る展開から一転、頼れる助っ人右腕が試合をひっくり返された。

最終更新:9/15(日) 17:41
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事