ここから本文です

二階堂ふみ 光GENJI・内海愛を激白「私のことご存じなんですか?神が?」

9/15(日) 22:44配信

デイリースポーツ

 女優の二階堂ふみ(24)が15日放送の日本テレビ系「おしゃれイズム」(日曜、後10・00)に出演し、元光GENJI・内海光司(51)愛を全開にした。

【写真】二階堂ふみ 夫役のイケメン俳優と仲良く腕組みツーショット

 二階堂は光GENJIと内海のグッズコレクションを公開。寝室の壁には大きな内海のタペストリーがかかっている。

 自身は1994年生まれで、光GENJIは95年に解散したため世代ではないが、「16歳の時に、10代のちょっとこう、ちーっみたいなのあるじゃないですか。と思った時に『ガラスの十代』を聴いたんですよ。すごい感動して、好きになったんです」と説明。「内海さんが最初からずっと好きです」と打ち明けた。「今もステキだと思っております」といい、舞台のチケットも取ったことを「もうどうしようと思っちゃって」と、うれしそうに語った。

 その後も内海愛に熱弁を振るい続けたが、「けっこうキリないですよね、どこが好きって言ったら」と、自覚はできているようだ。

 続けて内海からのVTRが始まると、「わあっ!」と悲鳴を挙げ、両手で顔を覆いつつ目を見開いた。

 内海がスタッフに二階堂のコレクション写真を見せられると「気持ち悪いって思われちゃう」と心配。内海の思い出話が早送りされると「全部聴きたいですよ。なんでですか」とクレームを入れ、「二階堂さん初めまして。スーパーアイドル光GENJIの内海光司です」と呼びかけられると、「はい。初めまして!はい、好きでーす!」と食い気味に応答した。

 VTRが終わると「今も輝いていらっしゃいますね~。あのきゃしゃな感じもまたステキなんですよね」、「私のことご存じなんですか?神が?」と、感に堪えない様子。内海からのプレゼント(30年前に発売された、光GENJIのローラースケートのレプリカ)を開封する際には「ブチ上がる~」と、満面の笑みを浮かべていた。

最終更新:9/16(月) 7:47
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事