ここから本文です

横浜流星、ピンク髪の影響残る「まだ髪が切れたりする…」

9/15(日) 11:41配信

オリコン

 俳優の横浜流星(22)が15日、都内で「2020年カレンダー」の発売記念イベントを行った。あす16日は23歳の誕生日。取材会では、ひと足早くバースデーサプライズを受け、花束をプレゼントされると「すごい! ありがとうございます!」と感激の表情を浮かべた。

【写真】お気に入りページを紹介する横浜流星

 TBSドラマ『初めて恋をした日に読む話』では、髪をピンクに染めた不良高校生“ゆりゆり”こと由利匡平を演じ話題となった。横浜自身も「今年は『はじこい』から始まった」と語り「あの5ヶ月は『ハゲてもいい』という気持ちで撮影していた。実は、まだ影響があって、髪が切れたりするんです…」と苦労もポツリ。それでも「色んな人に知ってもらえた」と胸を張り、充実感をにじませた。

 激動の一年となった22歳を「先輩方から学ぶことが多く、たくさんの経験をさせてもらった」と感慨深げに回顧。23歳の抱負を問われると「自分らしく、仕事に芝居に向き合っていけたらいいな。これからもっと作品、いろんな人に出会う機会を大切に一生懸命、一歩一歩、前に進めていけたらいいな」と、さらなる飛躍を誓った。

 カレンダー撮影は神奈川・箱根で2日間にわたって敢行。モノトーンやムラサキを基調とし、シャープな美しさを捉えた“A面”と、豊かな自然の中で多彩な表情を見せる“B面”をリバーシブル形式で収録。表紙、12ヶ月分の月ごとのページ、どちらも2パターンあり、“1冊で2度楽しめる”構成になっている。

 「クール&ナチュラル」を意識して撮影に臨んだといい、横浜は「写真として切り取るとクールの方が好きですかね」と見どころを紹介。今作では“美背筋”も披露しており「背筋はあまり出したことがなかった。『実はあるんだぞ』と。華奢に思われることは多いけど、意外にあるんです!」と自信満々にアピールしていた。

最終更新:9/17(火) 20:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事