ここから本文です

『レモ/第1の挑戦』第2の“007”になれなかった隠れた傑作

9/15(日) 7:07配信

CINEMORE

“第2の挑戦”へと動き出す?!

 アメリカで1985年10月11日に公開された『レモ/第1の挑戦』は興行的に惨敗。約1,500万ドルの製作費に対して、1,439万3,902ドルの興行収入しか挙げられなかった。スニークプレビューでの反応は悪くなかったが、オライオン・ピクチャーズのマーケティングが作品の魅力をしっかりと打ち出せなかったのが惨敗の原因だと、ラリー・スピーゲルは語っている。

 それから3年後にテレビ版も制作されシリーズ化も決定していたが、パイロット版だけに終わっている。また、オライオン・ピクチャーズと続編制作の契約も交わしていたが、同社は92年に破産してその後MGMによって買収。98年には消滅してしまう。ヒットもせず、第2の“007”にもなれなかったが、30年にわたって隠れた傑作として愛されていることは確かだ。ラリー・スピーゲルもそれを承知していおり、続編制作を諦めてはいないそうだ。


<参考>
BD『レモ/第1の挑戦 <HDニューマスター・スペシャルエディション> 』ポニーキャニオン


文:平田裕介 YUSUKE HIRATA
東京生まれ。編集プロダクションにて情報誌や映像系業界誌の編集に携わった後、フリーライターになる。「キネマ旬報」「文春オンライン」「東京ウォーカー」のほか、映画パンフレット、業界誌、DVDブックレットなどに執筆。


『レモ/第1の挑戦』
Blu-ray発売中
価格:4,800(本体)+税
発売元:是空/ポニーキャニオン
販売元:ポニーキャニオン
(c)1985 Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.
(c)2019 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

平田裕介

3/3ページ

最終更新:9/15(日) 7:07
CINEMORE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事