ここから本文です

東海大相模vs桐蔭学園 甲子園出場校同士の対戦など15日に開催される関東地区の好試合

9/15(日) 6:03配信

高校野球ドットコム

 14日から16日の3日間で全国合わせて900試合以上も開催される秋季大会。その中に注目カードは多数ある。そんな好カードから15日に開催予定の試合から抜粋してお届けしたい。まずは関東から見てみたい。

【写真】桐光学園の注目の二刀流・安達壮汰

神奈川 東海大相模vs桐蔭学園
東海大相模は逆転勝利でベスト16。そして桐蔭学園は一時、0対12と12点差をつけられながらもサヨナラ勝ちを見せた底力を発揮し、勢いに乗っている。まだ秋だからこそ、チームは仕上がっていない状態であり、思わぬ打撃戦が期待できそう。ただ、桐蔭学園が序盤から守備のミスが重なると総合力の高い東海大相模がそのまま逃げ切りそうだ。

神奈川 桐光学園vs慶應義塾
昨年の北神奈川大会決勝戦以来の対決。ここまで自慢の強力打線を武器に勝ち上がっている慶應義塾は、桐光学園の大型左腕・安達 壮汰相手にどこまで食い下がることができるか。一方の桐光学園も3回戦で鎌倉学園に12対2と大勝を収めており勢いに乗っている。

茨城 霞ヶ浦vs鹿島学園
 この夏甲子園出場の霞ヶ浦と今春ベスト4の鹿島学園が3回戦で早くも激突。霞ヶ浦はこの夏、エース・鈴木 寛人に続く投手として好投を見せた山本 雄大に期待がかかる。

 
山梨 帝京三vs駿台甲府
 春準優勝、夏ベスト8の駿台甲府はシード決めの大会でも、東海大甲府を9対0で下しており、この秋も上位進出に期待がかかる。対する帝京三は春の県大会ベスト8も、夏は初戦で敗れた。シード決めの大会でも日本航空に4対5と接戦を演じており、悔しい試合が続いている。駿台甲府相手にどんな戦いを見せるか。

最終更新:9/15(日) 6:03
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事