ここから本文です

天満屋の前田穂南選手 東京五輪女子マラソン代表に内定 MGC独走で優勝 小原選手は3位

9/15(日) 11:36配信

KSB瀬戸内海放送

 来年の東京オリンピック代表を決める「マラソングランドチャンピオンシップ」が東京で行われました。岡山市の天満屋所属の前田穂南選手(23)が優勝し、代表に内定しました。

 2位以内に入ると東京オリンピック代表が内定する一発勝負のレース。天満屋女子陸上部所属の前田穂南選手は中盤に抜け出すと独走状態に。そのまま2位に3分以上の差をつけ、2時間25分15秒で優勝。東京オリンピック代表に内定しました。

 前田選手は、兵庫県出身で2015年に天満屋入社。2017年の北海道マラソンで優勝し、MGC出場の切符をつかんでいました。

(東京五輪出場が内定 天満屋女子陸上部/前田穂南選手)
「しっかり世界で勝負していけるようにもっと力をつけて頑張っていきたいと思います」

 同じく天満屋所属の小原怜選手は、2位とわずか4秒差の3位でゴールし、15日の内定とはなりませんでした。

最終更新:9/15(日) 17:05
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事