ここから本文です

プロ野球ファンに朗報?「ヤクルトの優待変更」は“神宮通い”に追い風か

9/15(日) 7:40配信

MONEY PLUS

ヤクルト本社が9月10日、株主優待の内容を一部変更するリリースを出しました。この変更、もしかすると、セ・リーグを中心とした全国のプロ野球ファンに関係が出てくるかもしれません。

【データ】ヤクルトのホーム試合、人気化しているカードは?

なぜ、そんな事態になっているのか。まずは今回の優待内容の一部変更について、少し詳しく見てみることにします。

一時的な資金負担でゲットできたタダ券

個人投資家にとって、株主優待は配当と並ぶ重要な指標です。優待だけで生活費を賄う人がいろいろなメディアに登場している場面を目にしたことのある人も、多いのではないでしょうか。

ヤクルト本社は年に2回、優待を出しています。3月末時点の株主に対して6月に出している「3月優待」と、9月末の株主に対して翌年3月に出している「9月優待」です。前者はヤクルト製品の詰め合わせ、後者は明治神宮野球場で開催される東京ヤクルトスワローズのチケットとの引替権利証。今回、変更対象となっているのは9月優待のほうです。

実はこの9月優待、神宮球場に通う首都圏在住の熱狂的なプロ野球ファンにとって、かつては必須アイテムでした。なぜ「かつて」なのかは後述するとして、つまり優待を「投資した結果、付いてくるリターン」としてとらえているのではなく、チケットをタダで入手することを目的に投資をするという行動様式だったのです。

3月優待が権利確定の3ヵ月後にあたる6月には送られてくるのに対し、9月優待は翌シーズンのチケットが発売になる時点までに届けば良いので、送られてくるのは翌年3月。逆に言えば、翌シーズンのチケット狙いであるのなら、前年の9月末時点で株主になっておく必要があります。

同社は、優待対象に連続保有期間の縛りをかけていません。配当も年2回出していますので、3月末時点の株主に対して支払われる配当もいらない、3月優待もいらないというのなら、9月末時点で株主としての権利を確定させたら株を売却し、また翌年9月末の権利確定に間に合うように株を買えば、優待も配当ももらえて、資金が寝るのはほんの一時で済みます。

1/3ページ

最終更新:9/15(日) 10:43
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事