ここから本文です

あなたの印象がガラッと変わる! 人に愛され自分も幸せになる「人モテ服」

9/15(日) 11:01配信

テレ東プラス

「サイズが同じだから、娘の服を着ているのよ」 年齢を重ねたにも関わらず、10代、20代の人と同じブランドの服を着ている方は要注意!?


今回は、人気イメージングディレクター・高橋みどりさん(※「高」は「はしごだか」)に、「大人の“人モテ服“」を教えていただきました。

“人モテ服“とは?

高橋みどりさんが著書「大人の『人モテ服』」でも提唱する“人モテ服“とは、「人に愛されて周囲も自分も幸せにしてくれる」一着のこと。

「一見“モテる“という言葉に引っ張られそうですが、自分らしいスタイルの服という意味。とくに働いている人にとっては、相手や目的に合わせて共感が得られる自分らしい服というイメージです」(高橋さん、以下同)

自分らしい“人モテ服“を見つけるためには、どうすればいいでしょうか? 今秋のトレンド、カラー、年齢などを、ポイントをうかがいました。

今秋のトレンドを自分なりに取り入れる

上手く流行を取り込むのもおしゃれのひとつ。今秋のトレンドを知って、自分なりに取り入れていきましょう。

【トレンドカラー】
「このところ人気な色はブラウン系。加えて、この秋はボルドーやグリーンといった深みのあるカラーも増えています。そして定番の黒は、ますますパワーアップしています。
靴はカラーパンプスが流行りで、ビビッドなカラー、シルバーなどのキラキラしたものも人気を集めています」

【素材】
「このところレースやチュールが人気ですね。使い方が難しいという方は、ボトムに取り入れるのがオススメです。また秋冬は定番のファーもゴージャスで、フェザーも注目されています」

【シルエット】
「スカートは長めでタイトなものが人気。それに合わせた、きっちりとした印象のジャケットも流行の兆し。最近、英国調のトラッドテイストものも人気なので、大きめシルエットのジャケットや、ブレザーなどで、大人トラッドとしてまとめると“今“っぽく映ります」

【小物】
「ネックレスの重ねづけや、イヤーカフが話題。イヤーカフをたくさんつけることで、ピアスのように見せることもできます。靴はスニーカーはますます進化して人気です。同じファッションでも足元をスニーカーにするだけで旬のスタイリングが完成します」


色使いはグラデーションで考える


コーディネートの色使いは、多くしすぎず、3色がオススメ。その3色も、全く違う色を3つではなく、パレットで絵の具を混ぜ溶くように、使っている中の一番濃い色と薄い色を混ぜ合わせてできる、その中間の色をプラスすると、バランスよく見えます。

「例えば、白のインナーに黒のジャケットを合わせた場合、ボトムはその中間色のグレーにすると、まとまりがあり、柔らかい印象になります。
また、寒色は寒色同士、暖色は暖色同士で揃えたほうが心配がなく、センスがよく見えますね」

1/2ページ

最終更新:9/15(日) 11:01
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事