ここから本文です

マラソン五輪代表に内定 中村選手が会見(全文1)最後まで自信を持って走れた

9/15(日) 18:05配信

THE PAGE

 マラソンの東京五輪代表選考会「MGC」が15日午前、東京都内で行われ、男子優勝の中村匠吾選手、2位の服部勇馬選手、女子優勝の前田穂南選手、2位の鈴木亜由子選手が代表に内定した。同日午後、内定選手が記者会見を行った。

【動画】マラソン五輪代表に内定 中村匠吾選手、前田穂南選手らが会見

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「マラソン五輪代表に内定 中村匠吾選手、前田穂南選手らが会見(2019年9月15日)」に対応しております。

     ◇     ◇

レースを終えての感想

司会:それでは皆さま大変長らくお待たせいたしました。これよりマラソングランドチャンピオンシップの記者会見を行わせていただきます。初めに男子優勝をいたしまして、東京オリンピックの日本代表に内定いたしました中村匠吾選手の会見を行わせていただきます。では中村匠吾選手、そして福嶋監督と共に登壇いただきましょう。

 あらためまして中村匠吾選手、そして福嶋監督です。よろしくお願いいたします。先ほど熱いレースを終えたばかりです。まずは中村選手より、レースを終えての一言感想をお願いできますでしょうか。

中村:こんにちは、富士通の中村です。本日はありがとうございました。MGCの出場権を昨年のびわ湖マラソンで獲得してから約1年半、良かったこと、うまくいかなかったこと、さまざまあったんですけれども、いろんな方に本当、支えていただいて、スタートラインに立って、今日本当に自分自身のベストなパフォーマンスをすることができたのではないかなというふうに思っています。ここからまた1年オリンピックに向けて精いっぱい頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

司会:ありがとうございました。それではこれより質疑応答とさせていただきます。ご質問のある方は挙手をお願いいたします。媒体名とお名前をお願いいたします。はい、では向かって右手にいらっしゃる男性の方お願いいたします。

1/4ページ

最終更新:9/16(月) 13:30
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事