ここから本文です

徳島ヴォルティスユースが独走 2位との勝ち点差を13に広げる 残り5節

9/15(日) 9:00配信

高校サッカードットコム

 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2019 四国の第13節が9月14日に行われた。

 首位を独走する徳島ヴォルティスユース(徳島)は吉本勇気の2発などにより高知西(高知)を3-0で下した。前節で連敗を3で止めた2位の徳島市立(徳島)は新田(愛媛)と激突したが0-1で敗れた。4位の大手前高松(香川)は片上椋太の2発などにより3位の今治東中等教育学校(愛媛)を4-3で退けた。

 高松商(香川)は後半に2点を追加しカマタマーレ讃岐 U-18(香川)との香川ダービーを3-1で制し今季初白星を手にした。香川西(香川)は71分の山内拓海の決勝弾により1-0で高知中央(高知)を撃破した。

▽第13節試合結果
新田 1-0 徳島市立
高知西 0-3 徳島ヴォルティスユース
高松商 3-1 カマタマーレ讃岐 U-18
今治東中等教育学校 3-4 大手前高松
香川西 1-0 高知中央

最終更新:9/15(日) 9:00
高校サッカードットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事