ここから本文です

【卓球】森薗政崇「結果が出たのは凄く嬉しい」ストレートの完勝V!単複2冠達成<パラグアイOP>

9/15(日) 7:15配信

テレビ東京スポーツ

ITTFチャレンジプラス・パラグアイオープン<9月10~14日/アスンシオン> 大会最終日の9月14日、男子シングルス決勝で森薗政崇(BOBSON/世界ランク62位)が、40歳のベテラン・ガルドシュ(オーストリア/同42位)をゲームカウント4-0で下し、優勝を飾った。

ワールドツアーより格下の大会だが優勝すれば1100点と、ほぼ同時期に開催されるアジア選手権4位の1080点を上回るポイントが与えられるため、東京五輪シングルス代表をめざす丹羽孝希(初戦敗退)らもあえて参戦した今大会。

第1ゲームは森薗がサーブレシーブをまとめ、むずかしいボールもフットワークで返球して奪い、ガルドシュのロングサーブに苦しんだ2ゲーム目も要所でフォアを決めた森薗が接戦の末に12-10で取る。

第3ゲームも森薗のフォアが冴えてわずか2失点でゲームを奪い、4ゲーム目も攻守に違いを見せてサービスエースも決めた森薗が、粘るガルドシュを振り切って優勝を果たした。ダブルスも優勝した森薗は、これで単複2冠を達成した。

森薗政崇 試合後コメント

長い期間、自分の進歩がなく対策されだし、勝てなくなった時に厳しく指導してくれたナショナルチームの監督・コーチに凄く感謝しています。Tリーグが始まったことによりプロ志向の選手が増え、素晴らしい才能を持った若手が出て来ました。

どんどん新しい力が出てくる中で僕だけずっと立ち止まっていました。まだまだ欠点だらけですが、変わろうと決意して、すぐに結果が出たのは凄く嬉しいです。

時差がある中でも応援してくれた全ての人に感謝致します。本当にありがとうございます。

優勝して改めて思うこと。「勝ちたい。認められたい。今はそれしか考えていません」

【ITTFチャレンジプラス・パラグアイオープン】
<男子シングルス決勝>
森薗政崇 4-0 ガルドシュ(オーストリア)
11-6/12-10/11-2/11-9

テレビ東京卓球NEWS

最終更新:9/15(日) 8:28
テレビ東京スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事