ここから本文です

16日(月・敬老の日)にかけては千葉・伊豆諸島を中心に雨・風強まるおそれ 週前半は熱中症にも注意を

9/15(日) 17:06配信

ウェザーマップ

 15日(日)夜から16日(月・敬老の日)にかけては千葉・伊豆諸島を中心に雨や風が強まり、荒れた天気になるおそれがある。また、全国的に特に週前半は厳しい残暑となるため、熱中症に注意が必要だ。

千葉・伊豆諸島 激しい雷雨のおそれ

 関東の南の海上にある前線や低気圧の影響で、15日夜から16日昼頃にかけては、伊豆諸島や関東の沿岸部を中心に湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となりそうだ。このため、台風15号による大きな被害を受けた伊豆諸島や千葉県内を中心に雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。沿岸部を中心に風も強まるため、強風や高波にも注意が必要だ。

 低気圧や前線は16日夕方にかけては三陸沖まで進むため、東北の太平洋側でも雨や風の強まる所がある見込み。また、16日は北海道や南西諸島でも気圧の谷や湿った空気などの影響で大気の状態が不安定となるため、落雷や突風、急な強い雨に注意が必要となる。

週前半は厳しい残暑

 一方、西日本では16日にかけて晴れる所が多く、厳しい暑さとなる見込み。最高気温は、尾鷲(三重)で36℃、高知、名古屋、甲府などで35℃と予想されている。また、関東でも日中は日ざしが戻り、気温は30℃~33℃くらいまで上がる所が多くなりそうだ。その先も、17日(火)~18日(水)頃にかけては平年より気温が高い所が多く、厳しい残暑が続く見込み。喉が渇く前にこまめに水分をとったり、昼間は直射日光を極力さけるなど、万全な熱中症対策を心掛けたい。
(気象予報士・佐々木聡美)

最終更新:9/15(日) 18:06
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事