ここから本文です

マラソン五輪代表に内定 中村選手が会見(全文2完)激流を流れる木の葉のごとく

9/15(日) 18:22配信

THE PAGE

 マラソンの東京五輪代表選考会「MGC」が15日午前、東京都内で行われ、男子優勝の中村匠吾選手、2位の服部勇馬選手、女子優勝の前田穂南選手、2位の鈴木亜由子選手が代表に内定した。同日午後、内定選手が記者会見を行った。

【動画】マラソン五輪代表に内定 中村匠吾選手、前田穂南選手らが会見

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「マラソン五輪代表に内定 中村匠吾選手、前田穂南選手らが会見(2019年9月15日)」に対応しております。

     ◇     ◇

地元・三重で応援する皆さんに一言

三重テレビ放送:三重テレビ放送の【タチカワ 00:09:39】と申します。おめでとうございます。地元の上野工業の仲間たちも応援に来てたと聞いています。地元で応援してくれる、三重の皆さんに一言と、オリンピックへの意気込みみたいなところを聞かせてください。

中村:上野工業時代に3年間一緒に汗を流した選手たちが沿道で応援に来てくれて、非常に力になりましたし、それ以外にも三重県から非常に多くの方が応援に来てくれたので、その恩返しというか、結果で返せるのが一番だというふうに思っていたので、こうして東京オリンピックの内定をいただいて、またこれから本当に大変なことがたくさんあると思うんですけれども、まず1年後のオリンピックに向けてしっかり準備して、三重県の皆さんにも元気を与えられたりだとか、また自分自身も三重県の人たちから元気をもらうっていうこともたくさんあると思うので、そういうふうにマラソンを通して三重県の人たちにも見てもらえたらなというふうに思います。

司会:ありがとうございます。ではお待たせしました、中央の男性の半袖のシャツの方。マイクお願いします。

駒大・大八木監督に伝えたい感謝の言葉は?

読売新聞:読売新聞の【西口 00:11:03】と申します。おめでとうございます。中村さん、あらためてゴール後、恩師であり今も指導を受けてらっしゃる大八木監督が出迎えていらっしゃいましたけれども、何か感謝の言葉をその場で告げたことであったり、あるいはこれから告げたい感謝の言葉があれば教えていただきたいのと、あとやっぱりそうやって大学を卒業しても指導を受けたいと思った大八木監督の人間性であったり、その指導であったり、魅力の部分を教えていただけますでしょうか。

中村:大学を卒業して5年目のシーズンってなるので、4年間含めて、今年で大八木監督に指導してもらって9年目のシーズンになります。ずっと、大学3年生のときに東京オリンピックっていうものが決まって、その時点で大八木監督からマラソンでオリンピックを目指す、一緒にやらないかっていうふうに声を掛けてもらって、自分自身も非常にうれしかったですし、一緒にこの監督と目指せれば本当にそこにたどり着くんじゃないかなっていうふうに思えたっていうのが数年前ですね。

 それでこうして今日、東京オリンピックが内定することができて非常にうれしい気持ちもありますし、少しでもそれまでの指導に対して恩返しができたのかなというふうに思っています。ゴール後、大八木監督からも、本当、駒澤大学からオリンピックの選手が今までいなかったので本当にうれしいっていうふうに声を掛けてもらって、自分もまだありがとうございます、ぐらいしか声を掛けられてないんですけど、本当このあとしっかり感謝の気持ちをもっと、もう少し伝えたいと思いますけど。

 またここから本当に東京オリンピックっていうところに一緒に向かっていかなければいけないと思うので、引き続き今までどおりやっていけたらなというふうに思います。

司会:ありがとうございます。ではそちら、向かって左手にいらっしゃいます男性の方、お願いします。

1/3ページ

最終更新:9/16(月) 13:31
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事