ここから本文です

「年を重ねるのは怖くない」出版不況の中、60代女性向けファッション誌が創刊された理由

9/15(日) 11:33配信

BuzzFeed Japan

9月14日、60代女性向けのファッション誌『素敵なあの人』(宝島社)が創刊しました。

【写真】世界が憧れる日本人カップル 「オシャレ」「ステキ」とInstagramで大人気

同世代をターゲットにした健康情報誌などはありますが、明確に60代向けをうたう「ファッション誌」は、意外なことに同誌が業界で初めて。

人生100年時代とも言われる今、60代の女性たちのライフスタイルは従来の「シニア」「おばあちゃん」のイメージとはずいぶん変わっています。

休日には子どもや孫と連れ立って出かけ、友達と海外旅行に行き、プチプラファッションにも挑戦する――まだまだ元気でアクティブで、そしてファッションにも興味津々です。

「やっと私たちのための雑誌が出てきた」「ほしかった雑誌にようやく出会えました!」

これは、読者アンケートにしたためられた熱のこもった感想の一部。今、彼女たちはどんな思いで「私たちのための雑誌」を読み込んでいるのでしょう? 編集長の神下敬子さんに聞きました。

ファッション誌とともに育ってきた世代

素敵なグレーヘアが印象的な結城アンナさんの写真。マットで上質感のある表紙をめくると、そこに踊るのはこんな見出しです。

「60代から、もう一度おしゃれを楽しもう!」「この秋ほしいのは、ナイロンバッグ&ショートブーツ」「秋からはじめる、本気の美白」

トレンドのファッションについて、スキンケアやメイクについて、そして読者が登場する私服紹介やスナップ。通常のファッション誌よりは少し大きめの字で、びっしりと情報が詰まっています。

60代の女性たちと雑誌の関係について、神下さんはこう話します。

「今60代の女性たちは、若い頃にちょうどananやnon-noなどが生まれた時代(注:それぞれ70年、71年に創刊)。つまり、ファッション誌とともに育ってきた世代なんです」

「教科書のようにファッション誌を読んで学んできたのに、60代になった途端、自分たちの世代に向けた雑誌がなくなった。突然放り出されて困っている……そう感じている人も多いようです」

1/4ページ

最終更新:9/15(日) 11:33
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事