ここから本文です

木村拓哉「イタめし屋、赤ワイン、好きですね」 スピードワゴン小沢と“グルメ”トーク

9/15(日) 12:13配信

TOKYO FM+

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。9月のゲストには、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬(おざわ・かずひろ)さんが登場。9月15日(日)の放送では、小沢さんのプライベートに迫りました。

◆45歳・シェアハウス生活続行中

小沢さんといえば、同期で親友でもあるチュートリアルの徳井義実さんと、友人の放送作家とシェアハウス生活を送っていることでも知られています。

一軒家のシェア生活を始めて5年目に突入。当初は3人だったものの、可愛がっていた大阪の後輩芸人が上京すると聞いた小沢さんが「住む家が決まるまでウチにいなよ!」と声をかけ、現在は4人の生活に。

そもそもシェアハウス生活を始めたきっかけについて、小沢さんは「35歳ぐらいのときに『40歳までは遊んで暮らそう』『そして、40歳までにみんなで住もうよ!』って話をしていたんです。それが実現されないまま40歳になり、『じゃあ、いまから住もうよ』ってなって住み始めた」と話します。

徳井さんは一軒家とは別に近所にマンションを持っていて、行き来していると言う小沢さん。仲の良さはシェアハウス生活だけに限らず、「徳井くんとは年に5~6回は一緒に旅行しますよ。5月は大磯ロングビーチに行ってきました」とうれしそうに話します。

そんな小沢さんのプライベート話を聞いた、木村は「すげ~な! それだと1人になるときがないじゃん」と驚きの声を上げます。

一軒家では、2階が徳井さんと放送作家、1階のリビングに後輩芸人、リビングの隣の部屋が小沢さんという部屋割り。芸人仲間などを自宅に招き、大勢で食卓を囲むことが多いと言い、「僕の一番のしあわせは、(みんなの)笑い声や盛り上がっているのを聞きながら寝ること。だから、みんなで旅行に行っても、僕が最初に寝ますもん。お酒が好きと言うよりも、みんなといることが好きなんです。それ以上の贅沢ってあります?」と小沢さん。これに木村は「できれば、寝るときは静かなほうがいいな」と笑います。

1/2ページ

最終更新:9/15(日) 12:13
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事