ここから本文です

【動画】午前中は千葉県で激しい雨の所も 東海から九州 厳しい残暑続く(15日19時更新)

9/15(日) 19:31配信

ウェザーマップ

 15日(日)夜遅くから16日(月)の昼前にかけて、関東地方で雨となり、千葉県や伊豆諸島では強まる雨や風に注意が必要です。東海から西では厳しい残暑が続き猛暑日になる所もあるでしょう。

 関東では15日の夜遅くから低気圧や前線に伴う雨雲がかかり始め、16日(月・敬老の日)の昼前にかけて、千葉県や伊豆諸島で1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。雨の降り方に注意が必要です。16日の夕方にかけて予想される雨の量(多い所)は、伊豆諸島で100ミリ、千葉県で70ミリとなっています。落雷や竜巻などの突風にも注意してください。千葉県など、沿岸部は風も強まるでしょう。

 ただ、次第に天気は回復に向かい、関東も日差しの戻る所がありそうです。北日本は雨が降ったりやんだりとなり、北海道では雷を伴う所もあるでしょう。北陸や山陰など日本海側は晴れ間があっても変わりやすい天気で、午後はにわか雨の所がありそうです。東海から九州にかけては朝から強い日差しが照りつけて、気温がぐんぐん上がります。

 東海から西では厳しい暑さが続き、名古屋や高知など35℃くらいまで上がる所がありそうです。外出の際は直射日光を避けるなど、熱中症に注意が必要です。関東も30℃以上になる所が多いでしょう。
(気象予報士・及川藍)

最終更新:9/15(日) 19:31
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事