ここから本文です

マラソン五輪代表に内定 服部選手が会見(全文1)失敗が自分を強くしてくれた

9/15(日) 19:03配信

THE PAGE

 マラソンの東京五輪代表選考会「MGC」が15日午前、東京都内で行われ、男子優勝の中村匠吾選手、2位の服部勇馬選手、女子優勝の前田穂南選手、2位の鈴木亜由子選手が代表に内定した。同日午後、内定選手が記者会見を行った。

【動画】マラソン五輪代表に内定 中村匠吾選手、前田穂南選手らが会見

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「マラソン五輪代表に内定 中村匠吾選手、前田穂南選手らが会見(2019年9月15日)」に対応しております。

     ◇     ◇

レース終えての感想

司会:それではお待たせしました。これより準優勝いたしまして東京オリンピックの日本代表に内定いたしました、服部勇馬選手の会見を行ないます。では服部勇馬選手、そして佐藤監督に登壇いただきましょう。大きな拍手でお迎えください。服部選手とそして佐藤監督に登壇いただきました。ではまずは服部選手に伺います。レース終えての感想をお願いできれば。

服部:はい、本当に内定したことは非常にうれしいです。東京オリンピックを目指したのは大学生のときで、その舞台に立ちたいと思ってマラソンを始めました。本当にその舞台に立てる、スタートラインに立てるっていうことは非常にうれしいですし、ようやくスタートラインにまた立つことができたっていうことが、本当、いろんな経験をして、そのスタートラインに立てるっていうことはうれしいです。

司会:ありがとうございます。服部勇馬選手に質疑応答のお時間とさせていただきますが、ご質問ある方は同じく挙手をお願いできますでしょうか。媒体名とお名前もその際にお願いいたします。では前方にいらっしゃる女性の方お願いいたします。

ゴールまでどういうイメージで臨んだのか

日本陸上競技連盟:日本陸連メディアチームの児玉と申します。代表決定おめでとうございます。今日はどういうレースをご自分しようと思って、どういう展開、ゴールまで、どういうイメージで臨んでいらっしゃいましたか。

服部:夏のマラソンというか、気象条件が厳しいマラソンは初めてだったので、とにかく冷静に、流れに身を任せる形でレースを進めました。悠太さんがハイペースで入っていたので、少し戸惑いもありましたが、集団を形成してその中で冷静に走ることを意識しました。

司会:ありがとうございます。続いてご質問ある方、挙手をお願いします。では前方の女性の方からお願いいたします。マイクお持ちいたします。

1/3ページ

最終更新:9/16(月) 13:27
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事