ここから本文です

醍醐大、坂本大志、村上淳が決定戦進出/麻雀・最高位戦Aリーグ第12節

9/15(日) 9:47配信

AbemaTIMES

 麻雀プロ団体・最高位戦日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル「最高位」の決定戦進出を争うAリーグの第12節が9月14日に行われ、リーグ戦の全日程を終了した。決定戦には醍醐大、坂本大志、村上淳の上位3人が進出決定。現最高位の近藤誠一と、タイトルをかけて戦うことになった。

 ◆最高位 最高位戦日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル。Aリーグは全12節、48半荘のリーグ戦を行い、上位3人と前年優勝の最高位の4人で決定戦を行う。決定戦は1日に半荘4回戦の5日制で、計20回戦行われる。

 ◆最高位戦日本プロ麻雀協会 1976年に設立。東京、関西、東海、北海道、新潟に拠点があり、所属会員数は約380人。主なプロは金子正輝、近藤誠一、村上淳、石橋伸洋、茅森早香、石井あや、大平亜季ら。主催タイトル戦は最高位、女流最高位、最高位戦Classic、發王戦、新輝戦、女流名人戦、新人王戦。代表理事・新津潔。

最終更新:9/15(日) 9:47
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事