ここから本文です

【話題】吉田カバン・ポーターの自転車って!?

9/15(日) 13:08配信

LEON.JP

吉田カバンの「ポーター」といえば、日本が誇るクラフツマンシップの機能的なカバン作りを続ける名門。そんな「ポーター」が自転車を作っちゃった!? 各部のパーツにまでこだわった、とってもお洒落な一台に仕上がってます。

英国の名門自転車と日本の名門鞄がコラボしました!

クルマ好きならスポーツカーやヴィンテージカー、バイク好きならオフロードやアメリカンなど、乗り物好きは車体そのものはもちろん、ジャンルにこだわって選ぶもの。自転車が趣味という人も、ロードバイクやピストバイクなどなど、それぞれにこだわりがありブランドやパーツも様々。オリジナル派もいればカスタム派もいて、なかなかに奥深いものなんです。

ミニベロ派も、ひとつのカテゴリー。ベロとはフランス語の自転車の意味で、タイヤ径20インチ以下の小径車を総称してミニベロと言います。見た目もお洒落で街乗りに適しているので、青山・代官山あたりにお住いの方や、タワマン暮らしの富裕層にも人気があるのもうなずけるというもの。近所のカフェや、行きつけのセレクトショップに出かけるのにも、ミニベロならふらっとポタリングするのに最適ですよね。

そんなミニベロの名門といえば「モールトン バイシクル」。航空機のエンジンや自動車の設計を手掛けてきたアレックス・モールトン博士が設計したこの自転車は、小径車でありながらスピードと安定性に富んでいて、一般的な大径車を凌ぐ性能と讃えられるほど。

そんなアレックス モールトンの名作TSR-9のために、日本が誇る吉田カバンの「ポーター」が、専用バッグを提供した特別モデルがあることをご存知ですか?

車体の各部のパーツは、特別仕様にアップグレードされているうえ、専用バッグをポーターが特別に製作しました。ご近所乗りから、クルマのルーフやリアに積んで、郊外にサイクリングに出かけるなんていうのにも最適な一台。まずは、実車と専用のバッグを御覧ください。

【モールトン・バイシクル × ポーター 】英国のエンジニアスピリッツ×日本のクラフツマンシップ

ローバーミニのサスペンションを設計したアレックス・モールトン博士が開発したモールトンバイシクルは、英国のエンジニアスピリッツが生み出したプロダクト。ここに日本のクラフツマンシップで応えたのが「ポーター」です。

モールトンの代表モデルTSR-9専用に、ハンドルバーに取り付ける2WAYミニロールボストンバッグと、サドル下に取り付けるスリングバッグをセットでリリース。簡単に取り外せ、バッグ単体でも持ち歩けるデザイン性と機能性は、さすがのポーターならではの使い勝手の良さを備えています。

1/2ページ

最終更新:9/15(日) 13:08
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事