ここから本文です

カボチャの大きさ日本一を決める大会 優勝は長野で育った427.8キロ!香川・小豆島

9/15(日) 18:34配信

KSB瀬戸内海放送

 日本一大きなカボチャを決める「どでカボチャ大会」が香川県小豆島で開かれました。

 小豆島で毎年9月に開かれている「日本一どでカボチャ大会」です。今年は14の県から59人が自慢のカボチャを持ち寄り、大きさを競いました。あまりの重さにカボチャはフォークリフトで運んで計量します。

 初めて参加した長野県原村の清水健徳さん(65)が優勝を飾りました。カボチャの胴回りは421センチ、重さは427.8キロでした。

(優勝した清水健徳さん)
「人生においてこんなに楽しい毎日を過ごさせてもらったカボチャ”誠ちゃん“にお礼を言いたいです」

 優勝した清水さんは、10月にアメリカで開かれる世界大会に出場します。

最終更新:9/15(日) 18:34
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事