ここから本文です

【野路菊S】武豊「来年が楽しみ」マイラプソディがクラシック候補に

9/15(日) 8:10配信

競馬のおはなし

デビューから2戦2勝

 9月14日、阪神競馬場で行われた野路菊ステークスは、単勝1.1倍に支持された武豊騎乗のマイラプソディが5馬身差で楽勝した。デビュー2連勝となり、いづれも強い勝ちっぷりを見せ、来年のクラシック候補として名乗りを挙げた。

1着 マイラプソディ
武豊騎手
「スタートは相変わらず遅かったけど、道中の走りは良くて余裕を持って追い出しました。綺麗に反応してくれました。早め先頭だったので、しっかり走らせる意味でステッキを使いました。いい方向にいってくれていますし来年が楽しみです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 14日、阪神競馬場で行われた9R・野路菊ステークス(2歳オープン・芝1800m)で1番人気、武豊騎乗、マイラプソディ(牡2・栗東・友道康夫)が快勝した。5馬身差の2着に2番人気のグランスピード(牡2・栗東・西村真幸)、3着にエキサイター(牡2・兵庫・長南和日宏)が入った。勝ちタイムは1:47.4(良)。

 新馬戦を強い競馬で差し切ったマイラプソディが2戦目でも5馬身差の圧勝と高いパフォーマンスを見せた。レースは5頭立てと小頭数で行われた。ゲートをゆっくりと出て4番手の位置で折り合うと、直線入り口でも抜群の手応えで進出。もう完全に他馬とは力の違う走りで、ゴール前は5馬身差と突き放した。このレースで2戦2勝とし、次走は重賞挑戦が期待される。

マイラプソディ 2戦2勝
(牡2・栗東・友道康夫)
父:ハーツクライ
母:テディーズプロミス
母父:Salt Lake
馬主:キーファーズ
生産者:ノーザンファーム

最終更新:9/15(日) 8:10
競馬のおはなし

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事