ここから本文です

快勝バルサ『神のご加護』を受けるアンスと『本物』スアレスに最高評価

9/15(日) 10:54配信

SPORT.es

FCバルセロナは、カンプ・ノウで行われたバレンシア戦で勝利を収めている(5-2)。初先発となったアンス・ファティが開始2分で先制ゴールをあげて、その直後にはフレンキー・デ・ヨングにもゴールが生まれている。後半、ルイス・スアレスが投入されるとバルサが相手を圧倒し、勝利を確実なものにした。

16歳でバルサデビューの逸材、カンテラ加入時に引き起こした危機とは


FCバルセロナのバレンシア戦選手評価は以下の通り。
■GK
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(7点)
『賢明な対処』
相手のチャンスに対して賢明な対処を見せた。ガメイロに許したゴールには、なす術なかった。セービングは頼もしく、安定したシュートブロックを見せ守備陣に安心感を与えた。ガメイロとの1対1のストップは試合のターニングポイントとなった。


■DF
ネルソン・セメド(6点)
『果敢』
徐々に集中力が増し、右肩上がりのパフォーマンスを披露した。後半立ち上がりにはポスト直撃のシュートを放った。前半こそバレンシアの攻撃陣にやや手を焼いたが、後半はより落ち着いていた。


ジェラール・ピケ(7点)
『攻撃的』
攻守でチームに貢献した。縦に速いバレンシアの攻撃に対して苦しめられる場面もあったが、チームの3ゴール目を決めて対処した。マキシ・ゴメスに追加点を許したが、試合はすでに決していた。


クレマン・ラングレ(8点)
『献身的』
毎試合でバルサの守備陣に安定をもたらしている。ポジションに優れ、ビルドアップも的確であり抜群のボール奪取とマーキングを披露した。マキシ・ゴメスのタックルを受けた時は肝を冷やしたが、問題なくプレーを続けた。


ジョルディ・アルバ(5点)
『控えめ』
控えめなパフォーマンスだった。左サイドでの牽引役は、アンス・ファティに取って代わられている。ガメイロに付いていけず、バレンシアのゴールを阻止することができなかった。


■MF
セルヒオ・ブスケツ(7点)
『スムーズ』
優れたパフォーマンスを披露した。チームのバランスをとり、ビルドアップの潤滑油となり、必要時のダイレクトパスは効果的だった。守備でも賢明な対応を見せてバレンシアの攻撃を食い止めた。


フレンキー・デ・ヨング(8点)
『好調』
バルサに加入してから最も優れたパフォーマンスを披露した。試合開始から集中し、華麗なプレーを見せて右インテリオールの位置からピッチの広範囲をカバーした。アンス・ファティの先制ゴールをアシストし、2列目の攻撃参加から自身のバルサ初ゴールを決めた。後半はやや存在感が低下したが、チームに順応する重要な歩みを見せている。イヴァン・ラキティッチと交代した際にはファンから喝采が起こった。


アルトゥール・メロ(7点)
『クリエイティブ』
今シーズン初先発の試合で好パフォーマンスを見せた。ボールを持った際にはクリエイティブなプレーを見せ、ポジショニングにも優れていた。ブスケツとのコンビネーションでチームを機能させた。


■FW
カルレス・ペレス(6点)
『強情』
右サイドに張り、攻撃に幅をもたらした。果敢に勝負を仕掛け、遠目からのシュートを見舞った。決定機は掴めなかったものの、チャレンジし続けた。


アンス・ファティ(9点)
『神のご加護』
アンスにはフットボールの神様が付いているようである。全てのボールタッチが優れていた。初先発の試合において開始10分で先制ゴールとデ・ヨングのゴールへのアシストを記録している。大胆さとベテランのような落ち着きがあり、果敢に仕掛けて脅威となり続けた。バルサにおいて最も刺激的で冷静なストライカーであった。59分にルイス・スアレスと交代した際には喝采を浴びた。


アントワーヌ・グリーズマン(5点)
『低調』
後半開始早々にゴールを決めていてもおかしくなかったが運に見放された。グリーズマンのシュートをGKシレッセンが処理し損ねた所をピケが詰めていた。続けて決定機を掴んだが、シュートコースをブロックされネットを揺らすことができなかった。まだチーム内でのポジションを見つけられていない。


■途中出場
ルイス・スアレス(9点)
『本物』
投入後、ファーストタッチでゴールを決めた。怪我から復帰し、ゴールという形でチームに貢献し、バルサにおいて必要不可欠な選手だと再認識させている。ルイス・エンリケの娘シャナに捧げたスアレスのゴールは試合を大きく引き寄せた。82分には自身2ゴール目も決めている。


イヴァン・ラキティッチ(5点)
『降格』
ここまで一度も先発起用されていない。チームを再度活性化させる役目を受けてデ・ヨングと交代でピッチに入った。2列目からの攻撃参加や守備面でのカバーリングなどまだまだチームに貢献できる選手である。


アルトゥーロ・ビダル(5点)
『フィジカル』
クローザーとして投入された。

SPORT

最終更新:9/15(日) 10:54
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事