ここから本文です

小栗旬、沢尻エリカからの“ダメ出し”に「あの晩はとてつもなく反省しました」

9/15(日) 12:33配信

AbemaTIMES

 映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の公開記念舞台あいさつが14日、都内で行われ、主演の小栗旬、女優の沢尻エリカらが登場した。

 太宰治が死の直前に書き上げた小説『人間失格』の誕生秘話を、太宰を取り巻く女性3人の目線から描いた、実話に基づくオリジナルストーリー。

 太宰の愛人・静子役を演じた沢尻は、撮影初日に小栗に対して思ったことがあったといい「(撮影初日の)最初からキスシーンだったんです」「なんか小栗さん、もう慣れてらっしゃるのかな…そしたら、あんまりなんかぜんぜん来ないなみたいな…聞いたらそういうことやったことないみたいな。すごく意外で『もっと来いよ』みたいな感じに思っていたんです」と振り返った。

 沢尻からダメ出しを出された小栗は、その時の心境について「あの晩はとてつもなく反省しました。このままじゃ、本当にダメだと思って。結構覚悟を決めて(撮影に)入ったはずなんですけれど、いざ会ってみたら、沢尻エリカのムードに飲まれてしまいました…」と明かし、周囲の笑いを誘っていた。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:9/15(日) 12:33
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事