ここから本文です

堂安律が新天地PSVでデビュー…フィテッセ相手にマレン5発でPSVが大勝

9/15(日) 6:54配信

GOAL

今夏の移籍市場でフローニンゲンからPSVへ新天地を求めた、日本代表MF堂安律がPSVでデビューを果たした。

現地時間14日、エールディヴィジ第6節PSVvsフィテッセで堂安はベンチスタートとなったが、3-0で迎えた79分にブルーマとの交代でピッチに登場した。

試合は終盤に2度のPKを得て、PSVのドリエル・マレンがこのチャンスをきっちり決め、マレンはこの試合で5ゴールの固め打ちとなった。試合は5-0でフルタイムを迎えている。

堂安律は出場11分ほどだったが、新天地PSVのホームであるフィリップス・スタディオンで新たな一歩を踏み出した。

PSVは次戦、19日にUEFAヨーロッパリーグのスポルティング戦が控えており、22日にはリーグ第7節でライバルのアヤックスをホームに迎える。

最終更新:9/15(日) 6:54
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事