ここから本文です

【専門医が答えます】暑い時季にハウスダストアレルギーが増えるって本当?

9/15(日) 18:30配信

magacol

部屋の片づけをしているときや、シーツを替えるときに、鼻水が出たり目がショボショボする…なんてことはありませんか?もしかしたらその症状は、ハウスダストアレルギーかもしれません。今回は、ハピコワクリニック五反田の院長・岸本久美子先生にハウスダストアレルギーについて教えてもらいました。

ハピコワクリニック五反田 院長 岸本久美子先生

東邦大学医学部卒業後、東邦大学医療センター大橋病院にて研修医を経て、同大学病院呼吸器内科に勤務。その後、東芝病院(現・東京品川病院)内科等勤務を経て、2018年4月にハピコワクリニック五反田を開院。日本アレルギー学会専門医。

ピークは夏~秋、家の手入れが大切

ハウスダストアレルギーの大きな原因の1つは、ダニ。ダニは通年性のアレルギーを起こしますが、高温多湿の環境を好むため、特に夏場に増殖します。ダニの糞や死骸からもアレルギー症状が出るため、夏場からしっかり対策を行うと、ダニの死骸が増える秋以降の症状軽減につながります。一般的には花粉症や喘息など他のアレルギーがあるとハウスダストアレルギーも発症しやすくなる傾向はありますが、大掃除や衣替えなどで大量のホコリを吸い込むことで症状が出ることも。ハウスダストアレルギーかなと思う症状があったら、まずは症状に応じた診療科を受診して治療をしてください。ただし、ハウスダストアレルギーは環境要因が大きいので、家の中を整えることが大切です。

【ダニアレルギーの症状】

・目:かゆい、充血する、目やにが出る
・皮膚:かゆい、アトピーがひどくなる
・鼻:透明でサラサラした鼻水が出る

ダニアレルギー対策はどうしたらいい?

ダニ対策は、繊維などにしがみついているダニを殺し、死んだダニを除去するのが基本。ダニを殺すには、50℃以上の高温で30分以上加熱、もしくは水洗いが有効です。

【ダニがいる場所と対策】

・布団:布団乾燥機をかけてから掃除機で吸う、クリーニング
・ベッドマット:立てて湿気を飛ばす
・カーペット:掃除機をまめにかける
・ラグ、カーテン:水洗いをする
・ぬいぐるみ:水洗いやクリーニング
・床や壁:ホコリがたまらないように掃除
・部屋の空気:換気をする、空気清浄機をかける

1/2ページ

最終更新:9/15(日) 18:30
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事