ここから本文です

誰でも美人見え!秋の「新作アイシャドウ」BEST3【2019年秋のおすすめ】

9/15(日) 20:40配信

magacol

ちょっぴり涼しさを感じてきて、そろそろ秋服を揃え出した人も多いはず。秋服にシフトするなら、メークも秋コスメにシフトするのがおしゃれなアラサー女子の掟ですよね。巷に溢れる2019年秋の新作コスメの中から、CLASSY.の誌面でも活躍中のヘアメーク川村友子さんにオススメを教えてもらいました。どれも取り入れるだけで「美人見え」が叶う新作アイシャドウ。使い方も簡単!しっかり詳しく聞いたので、不器用さんでも失敗ゼロなので、ぜひ新しい季節を共にする相棒として取り入れてみてくださいね。

ヘアメーク川村さんに聞いた「この秋、選ぶべき秋アイシャドウ」のポイントは?

「秋はやっぱりベーシックなブラウン~ベージュ系のアイテムが多いのですが、春夏よりもこっくりした深さのあるニュアンスカラー的な色やオレンジや赤みの入った柔らかさのある色に注目したいところ。いつものブラウンやベージュよりもひと癖あって、塗るだけで垢抜ける色なので、今っぽさが抜群なんです。テクスチャーもホイップタイプやしっとりパウダリー、クリームなど色々あるので、自分の目指すイメージでセレクトしても。旬の美人顔を狙うなら、最新コスメから選ぶのがいちばんの近道なんですよ」

1.目ヂカラUPも狙える強めな「ハンサムEYE」ならRMK

単色で作っているにも関わらず、グッと奥行きのある印象的な目元になっているのは、このRMKのツヤアイシャドウのおかげ。

ハンサムでありながら女っぽさも同時に叶うカラーです。さりげない発色なので、会社対応ももちろんOK。

使ったのはコレ!

RMK ストーンホイップアイズ
「グリーン×ゴールドの光感が絶妙なグレージュカーキ。グレーが入っているので塗るだけでフレーム感が出て目ヂカラが強くなるし、大人肌に馴染む色。ホイップクリームのような質感ですが、塗るとパウダリーになるのでヨレないんです」01 ¥3,500(RMK Division)

使い方も簡単!

1.筆をボトルで少ししごいてから、アイホールの真ん中に軽く乗せて。

2.薬指を使って、二重幅までワイパーのように動かしてぼかせば完成。

POINT
「目元に重心を置いてハンサム感を出したいので、リップやチークは極力控えめに。アイシャドウは二重幅ラインまでに完結させることもボヤけないポイントになります。下まぶたはラインで全体を引き締めるのがコツ」

1/3ページ

最終更新:9/15(日) 20:40
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事