ここから本文です

JR南郷駅を“ライオンズ駅”に カープ油津駅の「二番煎じと言われないよう」

9/15(日) 13:04配信

西日本スポーツ

 西武のキャンプ地・宮崎県日南市のJR南郷駅が“ライオンズ駅”になる。JR日南線の南郷駅をライオンズブルーに塗装し、日南海岸の波をイメージしたデザインに変えるプロジェクトで地元の高校生で構成する団体「BCL(Blue City Leo)プロジェクト」のメンバーが企画し、球団や日南市、JR九州などが協力。キャンプインとなる来年2月1日の完成を目指す。

【写真特集】片瀬那奈も登場 ノーバンに挑戦!美女たちの始球式

 15日、球団事務所で記者会見に臨んだ日南振徳高3年で団体の岩崎礼生(れお)代表は「南郷町をライオンズと一緒に盛り上げたいと思った。キャンプで訪れるライオンズファンにも利用してもらい新しい観光地になれば」と話した。

 同市では2018年にJR油津駅が「カープ油津駅」として広島の球団カラーの赤に染められた例もある。岩崎代表は「油津のカープ駅に南郷も負けていられない。二番煎じと言われないように塗装するだけでなくメットライフドームの備品なども取り入れる予定」と説明した。200~300万円を見込む資金はクラウドファンディングや寄付などで集めるという。

西日本スポーツ

最終更新:9/15(日) 13:04
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事