ここから本文です

三好康児、デビュー戦でベルギー初ゴール! アンデルレヒト相手に決勝弾をマーク

9/15(日) 23:48配信

GOAL

3人目の交代で決勝弾

ロイヤル・アントワープは15日に行われたジュピラーリーグ第7節でアンデルレヒトとアウェーで対戦。アントワープFW三好康児は初めてベンチ入りを果たすと、終盤に出番を迎え、新天地初ゴールを決めた。

今夏の移籍市場でFWケヴィン・ミララスを加えたアントワープはそのほかにも複数人のアタッカーたちを獲得。そんななか、現地での注目度がやや低めとなっていた三好だが、インターナショナルブレーク中に行われたテストマッチでゴールを決めるなどアピールに成功した。

そして、アンデルレヒトとのアウェーマッチでついに移籍後初めてベンチ入りを果たすと、1-1で迎えた82 分に3人目の交代としてピッチに送り込まれる。するとその5分後、ボックス右でボールを持った三好が反転から左足でシュート。一度はDFにブロックされるも、すぐさまこぼれ球に反応して左足を振り抜き、強烈なシュートを突き刺した。

わずかな出場時間でいきなり結果を出した三好。22歳MFの勝ち越しゴールを決勝弾としたアントワープは、この勝利により3位に浮上している。

最終更新:9/15(日) 23:51
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事