ここから本文です

明日16日(月) 敬老の日の天気 北日本などで雨 関東は朝まで

9/15(日) 17:59配信

ウェザーニュース

 明日9月16日(月)敬老の日は、関東付近で秋雨前線上に低気圧発生して東北地方の沖へ進みます。関東や東北などで一時的に激しい雨が降るおそれがあるため注意が必要です。関東の雨は朝までがピークです。

 ■ 天気のポイント ■
・関東は朝にかけ激しい雨に注意
・北日本や北陸も曇りや雨
・東海以西は晴れて明日も暑く

関東は朝にかけ激しい雨に注意

 関東の南には熱帯低気圧があり、秋雨前線の活動を活発化させています。この熱帯低気圧は不明瞭になる見込みですが、16日(月)朝には前線上に低気圧が発生して房総半島沿岸を北上する見込みです。

 朝にかけて、千葉県や茨城県、東京都などで1時間に30mmを超える激しい雨が降るおそれがあります。また、沿岸を中心に風も強く吹き、風速は瞬間的に20m/sを超えるおそれがあります。

 先日の台風15号による被害で弱くなった家屋や樹木などに新たな被害が生じる危険性があります。朝にかけて安全な場所で過ごすようにしてください。

 午後は徐々に天気が回復して気温が高くなるため、停電で冷房の効かない所などでは、なるべく水分を摂るなどして体調管理を行うようにしてください。

北日本や北陸も曇りや雨

 低気圧は足早に北上して東北地方の沖合へ進みます。北日本や北陸では、湿った空気や上空の寒気などの影響で雨がるところがあり、お出かけには生憎の天気となります。

 太平洋沿岸では風も強く吹く可能性があるため注意してください。

東海以西は晴れて明日も暑く

 低気圧前線から遠い東海地方や西日本の各地では、晴れて青空が広がります。

 このため気温も高くなる予想で、最高気温は山梨の甲府や愛知の豊田、岐阜の多治見などで35℃と、猛暑日になる可能性もあります。屋外でのレジャーの際は熱中症対策が欠かせません。

ウェザーニュース

最終更新:9/15(日) 17:59
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事