ここから本文です

だからお金が貯まらない!「お金に縁がない」人に見られる2つの特徴とは

9/15(日) 18:45配信

LIMO

「憧れのマイホームを購入するため」「結婚資金に」「子どもの教育費用」など、さまざまな理由から貯蓄を試みる人も多いですよね。

しかし、ある程度の給料をもらっているはずなのに「お金がないお金がない」と口に出している人や、毎月赤字続きで貯蓄ができないという人もいます。

そこで今回は、お金に縁がない人に見られる2つの特徴についてご紹介します。

「浪費癖」はありませんか?

しっかりと働いているのになかなか貯蓄が増えないという人の中には、「浪費癖」「引き出し癖」が習慣化してしまっているケースがあります。当たり前の話ですが、収入よりも支出の方が大きくなると毎月赤字になってしまいますよね。

ここで大切なことは、自分は「収入に見合った生活をしているか?」と考えてみること。
稼ぎが少ないにも関わらず、高級ブランドの商品をローンで購入したり、自炊をせずに外食ばかりしてはいないでしょうか。

ある程度の年収があっても、毎月の給料をほとんど使っているのであれば、貯蓄することはできません。

浪費癖が抜けなかった20代前半

私が20代前半の頃は、とにかく自分でお金を稼げることが嬉しくて「あるだけ使う」という超浪費生活を送っていました。

憧れのハイブランドバッグを分割払いで購入し、身の丈も考えずに有名ホテルでランチにディナーの外食三昧…。やたらとコンビニに通い、ついついジュースやお菓子を買ってしまうことも日常茶飯事でした。

そんな生活を数ヶ月送った私には、クレジットカードのキャッシングによる負債が数十万円のしかかることに! 

「このままじゃ自分が潰れる!」と危機感を感じ、負の連鎖を断ち切ろうとクレジットカードを解約。自ら「コンビニ出入り禁止令」を出し、自炊を始めて節約を心がけてみると…次第に通帳の中の数字が増えていくではありませんか! 

「引き出し癖」を直して貯蓄体質に

浪費癖を自力で改め、毎月なんとか貯蓄ができるようになった私。

しかし、なんだかまだ物足りない…。よく考えてみると、毎月必ず「なにに消えたかわからないお金」が数万円存在していました。

浪費癖はだいぶよくなったものの、当時の私は財布の中身がなくなると銀行に通い、引き出すといったスタイル。
なくなっては引き出す…その繰り返しで、月末に通帳を見てみると「あれ? なにに使ったんだっけ?」と覚えていないことも珍しくありませんでした。

そこで、「通帳から引き出すのは月に1回だけ!」と決めて生活をしてみることに。

まず、給料日に1ヶ月分の食費や雑費・交際費などを引き出し、それぞれ別の封筒にしまって保管します。
使用金額が多い食費は1週間ごとに分け、1週間のうちに使える金額を「見える化」しました。
こうして「通帳から引き出すのは給料日の1回だけ」というスタイルが定着してからは、週ごとに使える金額を明確に把握できるようになり、なにに消えたかわからない…なんてことがなくなりました。

収入と支出の内訳が把握できてくると、自然と貯蓄や節約に対するモチベーションもアップ! 財布をキレイに整えたりお金を気持ちよく使うといった「お金に縁のある人に見られる特徴」も、楽しみながらできるようになりました。

1/2ページ

最終更新:9/15(日) 18:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事