ここから本文です

斉藤和義がこだわりを解説、機材やライブの裏側を語る特別番組がWOWOWで

9/15(日) 20:00配信

Lmaga.jp

2019年に約2年ぶりの弾き語りライブツアー『Time in Garage』をおこなった斉藤和義。そのライブのこだわりと裏側を本人自ら解説する特別番組が、9月16日にWOWOWで放送される。

彼の原点ともいえる「弾き語り」というスタイルを通して、楽曲の魅力を存分に見せた同ツアー。ステージ上で斉藤はさまざまな機材に囲まれ、まさに、好きな道具を詰め込んだ「ガレージ」のような場所から歌を届けていた。

曲に応じてギターを持ち替えたり、足元の機材でリズム音を出したりと、多彩なパフォーマンスでもファンを喜ばせた同ライブ。番組では、スタジオ内にステージレイアウトを再現し、斎藤自ら「なぜこの曲でこのギターを使用したのか」、「『老人の歌』で実は猛練習したポイント」など、ライブの裏側をマニアックに語ってくれる。

さらに、自身唯一の趣味・DIYで自作したギターの紹介や、作家・伊坂幸太郎との出会いで生まれた楽曲『小さな夜』(映画『アイネクライネナハトムジーク』主題歌)のMV撮影現場への密着映像など、滅多に見ることのできない斉藤和義の姿が納められた番組となっている。この模様は9月16日・夜6時半からWOWOWライブで放送。また、10月18日には『斎藤和義 弾き語りツアー 2019 「Time in Garage」』が再放送される。

最終更新:9/15(日) 20:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事